HOME  >   とく得情報  >   メンテナンス講座  >   SCRエンジン搭載トラクターの警告表示

SCRエンジン搭載トラクターの警告表示とAdBlueの取り扱い

SCRエンジン搭載トラクターの警告表示とAdBlueの取り扱い


警告その[1] AdBlue(R)の残量不足


右LCD(液晶ディスプレイ)に C が点滅(AdBlueの残量が表示されているところ)。

AdBlue残量不足
タンク内の残量が10 %未満の時に、警告ランプと共に表示されます。 トルクやエンジン回転数の低下は起こりません。
AdBlue(R)タンクが空のまま60分以上経つと、STOPの警告ランプと共に表示。 この警告が表示されてからもエンジンを稼働し続けると、30分以内にエンジントルクがアイドル回転数まで制限されてしまいます。
AdBlue残量不足
AdBlue残量不足


警告その[2] AdBlue(R)の品質不良


右LCDに A が点滅(AdBlueの残量が表示されているところ)。

AdBlue品質不良
濃度の低下など、品質の基準を満たさないAdBlue(R)がタンクに入っている時に、警告ランプと共に表示されます。 トルクやエンジン回転数の低下は起こりません。
上の警告が表示されてから220分以上経つと、STOPの警告ランプと共に表示されます。 この警告が表示されてからもエンジンを稼働し続けると、30分以内にエンジントルクがアイドル回転数まで制限されてしまいます。
AdBlue品質不良
AdBlue品質不良


警告その[3] AdBlue(R)の噴射不具合


右LCDに A+B が点滅(AdBlueの残量が表示されているところ)。

AdBlue噴射不具合
AdBlue(R)の噴射システムで不具合を検知した時に、警告ランプ と共に表示されます。 この警告が表示されてからもエンジンを稼働し続けると、25分以内に25%までトルクが低下します。
上の警告が表示されてから250分以上経つと、STOPの警告ランプと共に表示されます。 この警告が表示されてからもエンジンを稼働し続けると、30分以内にエンジントルクがアイドル回転数まで制限されてしまいます。
AdBlue噴射不具合
AdBlue噴射不具合


この他にも警告がありますので詳細は取り扱い説明書を参照してください。


このページの先頭へ↑

ニューホランド