HOME  >   とく得情報  >   メンテナンス講座  >   F2000 シリーズ編

あなたのF2000シリーズは元気がありますか?〜これから本格的に動く愛車をひとまわり点検してみてください〜

あなたのF2000シリーズは元気がありますか?〜これから本格的に動く愛車をひとまわり点検してみてください〜
給油及び点検整備する時は

ファンベルトの点検と調整
ベルトの張りがゆるいとオーバーヒートや充電不足の原因になります。

ファンベルトの点検と調整
ファンベルトの点検と調整

クラッチハウジングの水抜き
代掻き、洗車、雨降りなどでクラッチハウジングに水がたまっているかもしれません。
クラッチハウジングの水抜き
クラッチハウジングの水抜き
エアクリーナーエレメントの清掃
エレメントは使用後1年又は6回掃除したら交換してください。

エアクリーナーエレメントの清掃
エアクリーナーエレメントの清掃

洗車時の注意
パネル、バッテリー、ポンパレバー、エンジン回り、電気配線、電装品には圧力水をかけないでください。 洗車時の注意
サービスマンからの一言アドバイス
旧式のF2000Sでは、圧力カバー上部にあるオートワイヤーを使用していない場合、 土や泥などでワイヤーが伸びたりする事があります。 この場合オートアップ、バックアップなど油圧3点機構の不具合(上下など)が起きますので、作業後は清掃してオートワイヤーが縮んでいることを確認してください。

エンジンオイルの量と汚れ
純正オイルを使用してください。

エンジンオイルの量と汚れ
エンジンオイルの量と汚れ

タイヤ取り付けボルトの点検
ゆるんでいないか作業前に点検してください。 タイヤ取り付けボルトの点検

タイヤの空気圧と摩耗
外観からの目安です。
前輪:160kpa(1.6kgf/cm2)
後輪:100kpa(1.0kgf/cm2)
タイヤの空気圧と摩耗

一宮営業所サービス工場
「ひとまわり点検、清掃」で春作業の準備も万全となりました。 (一宮営業所サービス工場)
コンデンサーの清掃
防虫網を取り外して行うときれいにできます。

コンデンサーの清掃
コンデンサーの清掃

ミッションオイルの量と汚れ
純正オイルを使用してください。

ミッションオイルの量と汚れ
ミッションオイルの量と汚れ

外気フィルターの清掃
風の流れと逆方向にエアブローしてください。



外気フィルターの清掃
外気フィルターの清掃

外気フィルターの清掃

このページの先頭へ↑

ニューホランド