HOME  >   とく得情報  >   農作業安全のポイント  >   「熱中症」

「熱中症」

 「熱中症」とは日射病や熱射病などの総称で、
 高温下での労働や運動により発汗機能や循環器系に
 異常をきたして起こる病気です。
 体温の上昇や発汗機能の低下とともに虚脱、痙攣、精神錯乱、昏睡などを起こし、
 生命の危険を伴うこともあります。
 日差しが強く気温がぐんぐん上昇する夏場は症状の進行も早いので、
 夏場の農作業時には十分注意が必要です。


気温が体温より高くなると空気中への熱の放出が難しくなり、 体温調整は発汗作用だけに頼ることになります。 しかし、湿度が75%以上になると汗をかいても流れ落ちるだけで、 ほとんど蒸発しなくなり発汗による体温調整ができなくなってしまいます。
また、体温が37度を超えると皮膚の血管が拡張し、 皮膚の血液量を増やして熱を放出しようとしますが、 このときさらに体温が上昇し発汗などによって体内の水分量が極端に減少すると、 今度は脳や心臓を守るため血管が収縮をはじめ熱の放出機能が働かなくなってしまいます。 このように熱中症とは体温を調整する機能がコントロールを失い、 臓器の機能不全を引き起こす症状をいいます。

種 類 症 状 応急処置
熱失神 めまい(顔面蒼白)
唇のしびれ
脈が速く、呼吸回数増   失神
水分補給
涼しい場所に運ぶ
衣服をゆるめる
足を高くして寝かせる
熱疲労 脱力感    倦怠感
めまい    頭痛     吐き気
熱痙攣 足、腕、腹部の筋肉に
   痛みを伴った痙攣
生理食塩水
(水1Lにティースプーン半分の食塩)
を飲ませる(スポーツ飲料でも可)
熱射病 頭痛       めまい
吐き気    意識障害
※臓器障害を合併し、
   死亡率も高くなる
首、腋の下、足の付け根を
   水などで重点的に冷やす
足を高くしてマッサージ
すぐ病院へ行く(救急車)

こまめな水分補給(体重の3%以上の水分が失われると体温調整機能に影響があるといわれています)
睡眠をよくとる(睡眠不足は熱中症を引き起こしやすく、疲労の蓄積、集中力の低下などによってケガなどを誘発します)
体調に合わせた作業を(発熱、疲労、下痢、二日酔い、貧血なども熱中症を引き起こす原因となります)
特に下痢は脱水症状を引き起こし、水分を取っても吸収が悪くなっているので甘くみてはいけません

このページの先頭へ↑

ニューホランド