HOME  >   とく得情報  >   農作業安全のポイント  >   農作業安全「MMH」運動

農作業安全「MMH」運動

道路環境が整うにつれ、一般自動車が広域農道に侵入し、高速走行で農業機械等に衝突、 あるいは接触する交通事故が増えてきています。北海道農作業安全運動推進本部はこの事態を重く受けとめ、 農業機械と一般自動車が道路上で共存できる態勢を整えるため、「MMH」運動をスタートさせました。 今回のあなたを守る農作業安全のポイントでは、この運動の概要をご紹介いたします。
Mマナー 交通ルールと運転マナー
                 の遵守
      Mマーク 点検・整備の励行と低速車マーク・反射テープ等の装着
    交通ルールと運転マナー

農業機械の運転には道路走行に必要な運転免許、作業に必要な資格を取得し、交通マナーとルールを守り、 安全運転に努めることが基本です。また、路上で一般自動車と共存を図るため、高速車に道をゆずる、 道路走行時間帯に配慮するなど、交通の妨げにならないよう心掛けると共に、土砂や糞尿で道路を汚さないなどの運転マナーを守ることが大切です。
     
最高速度が毎時35km未満のトラクターは車検が免除されています。 しかし、整備不良は重大な事故を招く恐れがあり、自主的な点検・整備の励行は事故防止のための重要なポイントです。 また、農業機械は一般自動車との速度差が大きいため、追突事故につながる恐れがあります。 保安灯火等の装着はもとより、低速車マークや反射テープ等の貼付けによって、後続車に早く認知させる必要があります。
     牽引ピンの破損に注意
H保険 労災保険と共済保険への
                   加入
        

農作業事故や交通事故が発生すると、受傷した本人ばかりか家族の生活にも重大な影響を及ぼします。 万一の事故に備え、「労災保険」や「共済任意保険」等に加入し、安心して農業経営に当りましょう。


        
労災保険の給付基礎日額と保険料(平成18年4月1日改正)
給付基礎日額
(賃金)
保険料算定基礎額 年間保険料(円)
特定農作業従事者 指定農業機械作業従事者 中小事業主等
B=A×365 B×(8/1000) B×(5/1000) B×(12/1000)
20,000 7,300,000 58,400 36,500 87,600
18,000 6,570,000 52,560 32,850 78,840
14,000 5,110,000 40,880 25,550 61,320
10,000 3,650,000 29,200 18,250 43,800
8,000 2,920,000 23,360 14,600 35,040
6,000 2,190,000 17,520 10,950 26,280
4,000 1,460,000 11,680 7,300 17,520
注)上記の保険料は事務組合手数料を含んでいません。
農業者の労災保険への特別加入法の種類
  特定農作業従事者 指定農業機械作業従事者 中小事業主等



@経営耕地面積2ha以上または年間農畜産物販売金額300万円以上の個別経営の家族従事者
A一定の地域営農集団、農事組合法人の構成農家の家族従事者
指定農業機械を使用する15歳以上の男女。
兼業農家でも学生でも機械を使う人なら誰でも加入できる
@年間100日以上労働者を雇用する事業主とその家族従事者
A農業経営の労災保険に係る労働保険事務の処理を事務組合に委託していること
当社は北海道農作業安全運動推進本部の「MMH」運動を全国ネットで推進して参ります。


このページの先頭へ↑

ニューホランド