HOME  >   とく得情報  >   農作業安全のポイント  >   「一人でもできる安全対策」

「一人でもできる安全対策」

「一人でもできる安全対策」 毎年、農作業による死亡事故は全国で400件前後発生しています。
これは他産業に比べて非常に高い数値です。
建設作業における死亡事故の発生は年々減少しており、交通事故による死亡者数もこの20年間で半減しています。
このため私たちが大切にしていかなければならない農業は、大変危険な職業になっています。
ここでは、一人でもできる事故防止のための安全対策をご紹介しますので、毎日の安全な農作業のために是非実践してみてください。

日々の点検が大事です。チェックしよう!
一人でもできる安全対策 CHECK 1
農作業安全に関するチラシ等に必ず目を通し、ラジオの農作業の安全スポット放送にも耳を傾けましょう。
一人でもできる安全対策
一人でもできる安全対策 CHECK 2
地域で開催される農業者が集まる会合には積極的に参加して、安全に関わる情報を入手しましょう。
一人でもできる安全対策
一人でもできる安全対策 CHECK 3
農業機械や農機具の安全な取扱方法、点検整備方法などの講習会には積極的に参加して、知識や技能を習得して事故防止を図りましょう。
一人でもできる安全対策
一人でもできる安全対策 CHECK 4
農作業の行動範囲内で事故防止につながる恐れのある危険箇所を調べ、道路、建物、設備などの改修を行い、注意を喚起する表示板などを設置しましょう。
一人でもできる安全対策
一人でもできる安全対策 CHECK 5
農業機械や農機具を点検し、異常があれば早期に整備を行いましょう。
また、指示・警告ラベルが適切に貼付されていることを確認しましょう。
一人でもできる安全対策


このページの先頭へ↑

ニューホランド