HOME  >   イベントランド  >   最新イベントのご案内
●最新イベントのご案内
第33回国際農業機械展in帯広


会場で話題騒然となったドームテント内での全天周映像公開!!

「見たかったけど時間の都合で見ることができなかった」、「もう一度見たい!!」などの大変多くの声寄せられました。

実際は360度迫力ある映像を投影してましたが、画面の都合で一部分の面のみ公開します。それではお楽しみください。


第33回国際農業機械展閉会式_また4年後に会いましょう。

2014年7月14日 5日間にわたって行われた第33回国際農業機械展が閉幕しました。
閉会式は出展各社の「のぼり」を掲げての場内行進で幕を閉じました。

たくさんのご来場ありがとうございました。


第33回国際農機展 T8フラグシップブルーパワーと最先端技術GPSにお客様が興味津々

200インチ大型ビジョン横に展示しているNew Holland T8.420トラクターは367馬力、エンジンパワーマネージメント作動時最大419馬力の大馬力トラクターです。 ニューホランドパビリオンの中でも特に注目を集めていました。


第33回国際農機展 新型作業機一挙公開_新型ロールベーラーRB150

新型ニューホランド・ロールベーラには、社員手作りの電動PTO装置と油圧装置を装着し、ピックアップの回転、テールゲートの開け閉めをご覧いただきました。


第33回国際農機展 新型作業機展示_テクノマの革新的スプレーヤーとグレゴワール・ベッソンのディスクハロー

新製品をご紹介しますす。

アルミブームを伸ばして展示しているのが、テクノマ社のスプレーヤーです。散布幅は30m、タンク容量は3,500リットル、GPS自動セクションコントロールのハイグレードスプレーヤーです。

グレゴワールベッソン社のディスクハローは作業幅3m、630mmの大径ディスクが24枚装備され、収穫後の有機物の粉砕や緑肥の鋤き込みに威力を発揮します。

どちらも農業大国フランスのメーカーです。


第33回国際農機展 播種機・複合作業機を展示

フロントにはグレゴワールベッソン社のディスクローラー、リヤにはブレビリエーリ社のパワーハロー搭載シーダーを装着。 砕土、整地、耕起、播種床作り、播種を同時に作業!

作業時間の短縮はもちろんの事、圃場へトラクターが入る回数が減るので、踏圧による硬盤層ができにくくなり、透水性が保たれ、作物にとってより良い土中環境を作ります。
また作業工程の短縮が結果的に燃料代の節約にもつながり、コスト削減にもなります。


第33回国際農機展 他を圧倒する新型コンバイン・自走式フォレージハーベスター

New Hollandならではの高性能大型機械エリアです。
日本初上陸のCRコンバイン、新型のCXコンバイン、自走式フォレージハーベスター新型FRシリーズなど、あまりの巨大さに皆さん驚いています。


第33回国際農機展_ドームシアター連日大盛況_ダイジェスト

国際農業機械展会場でひと際目を引く巨大なドーム型テント。 来場者の多くの方が中で何をやっているのか興味深々です。

会場のあちこちで「ニューホランドのブースは凄いらしい!」との声が聞かれ、噂が噂を呼び連日の大盛況となりました。

一部をご覧ください!


第33回国際農機展_日本ニューホランドパビリオン スカイエリアの風景

屋外の展示エリアには、みのる・田植機、クーン・リバーシブルプラウ、ドンディ・スピードプラウ、BvL・ミキサーなどが展示されています。

BVLのミキサーの中に牧草の代わりに、カラーボールを入れ攪拌する能力をご覧いただきました。


第33回国際農機展_コンバインのキャビンの広さに子供たちも大喜び!

大型コンバイン New Holland CXコンバインのキャビンに子供たちが乗り込み大喜び!

いったい何人の子供が・・・  反対側に出入り口はありません(☆☆)!!


T8トラクター驚異のパワーはお客様の驚きの声!!

ニューホランドのパビリオンに入ってすぐに目を引くのが、New Holland T8.390トラクター!!

車体の重さ11.3トン、排気量8.7リットル、エンジンはコモンレール式の340馬力のトラクターが、 フロントヒッチに2.8トンのT4.75トラクターを、リヤヒッチには4トンのT5.115トラクターを連結し軽々と持ち上げています!


日本ニューホランドパビリオン 楽しみがいっぱい 子供の広場

パビリオン内に作った子供の広場は、炎天下の中でも冷房が効いていつも快適!

子供たちはラジコンで遊んだり、数多くの展示しているミニチュア農業機械を見て楽しそうです。


全天周ドームシアターが連日大盛況!!

会場のあちこちで「ニューホランドのブースは凄いらしい!」との声が聞かれ、噂が噂を呼び連日の大盛況となりました。

ドームシアターで放映している全天周映像は一見の価値があります。
北海道初上映だそうです。


国際農機展2日目。日本ニューホランドパビリオン連日大好評!

2014年7月11日 展示会2日目を迎えました。
1日目と打って変わり、この日は晴天に恵まれました。

日本ニューホランドのパビリオン前でお配りした「うちわ」を扇ぐ方が、いろいろなメーカーのブースで見受けられました。


ニューホランドブース内(少しだけ紹介)

開場から間もなく日本ニューホランドのパビリオンは、入場待ちの行列ができあがりました。

これからお越しいただくお客様のお楽しみのため、すべてをお見せできませんが、パビリオンの一部をご覧ください。


トラクターパレード

2014年7月10日10:00に開催された、オープニングイベントの一つ、トラクターパレードが行われました。

北海道らしく外国の大型トラクターが来場者の目を引いていました。

映像は順番にマッセイファーガソン、ニューホランド、ジョンディア、ケース、ランボルギーニトラクターです。 最後に見える小さいトラクターはGPSを使い無人で動いている国産トラクターです。


オープンと同時に日本ニューホランドのパビリオンにたくさんの来場者

開幕と同時に日本ニューホランドのパビリオンにも多くのお客様がお越しいただきました。


第33回国際農業機械展いよいよ開幕!!入場ゲートの様子

2014年7月10日9:00 いよいよ第33回国際農業機械展が開幕いたしました。

会場入口にはシャトルバスから降りてこられた方々が、後を絶つことなく入場されています。






    ●スマートフォンはこちらから ( http://www.nh-hft.co.jp/event/33rd_sp/ )

                 第33回国際農業機械展in帯広 スマホサイト

お問い合わせ先:「イベントランド」担当 CS営業推進本部
(TEL)011-221-2130 (FAX)011-221-2025

ページの頭へ戻る↑

ニューホランド